医療法人社団慈朋会 訪問看護ステーション サワダ

058-247-3361 [月~金曜]8:30~17:00 [土曜]8:30~12:30
住み慣れたご家庭や地域で
安心して療養生活が送れるよう支援いたします
在宅療養をされている方、通院が困難な方、
障がいを持った方へ看護師等が伺い継続的な看護を行います。

訪問看護とは

在宅で療養している方や病院への通院が困難な方、障がいを持った方のご自宅や施設に看護師等が伺い、医師の指示に基づいて、看護やリハビリを提供するサービスです。
医療保険・介護保険のどちらかの保険を適用してご利用いただけます。

訪問看護をご利用いただける方

年齢や性別を問わず、病気や障がいのために在宅療養生活の支援を必要とするすべての方が対象となります。
(※ご利用になる場合には必ず医師から交付される訪問看護指示書が必要となります。)

ご利用の流れ

1.相談
主治医・ケアマネージャー・訪問看護ステーションのいずれかにご相談ください。 介護保険の申請をされていない方、在宅療養生活でのお困りごとがある方など、まずはお気軽に当ステーションにご相談ください。

医療保険または介護保険を利用主治医に相談

  • 訪問看護指示書の交付
  • 訪問看護ステーションへ依頼

介護保険を利用ケアマネージャーに相談

  • 主治医、訪問看護ステーションへ
    連絡・相談・依頼
  • サービスの調整

医療保険または介護保険を利用訪問看護ステーションに相談

  • 主治医へ連絡・相談・訪問看護指示書交付の依頼
  • ケアマネージャーへ連絡・連携・
    調整(介護保険の場合)
2.契約
ご本人(以下『利用者様』と表記)またはご家族の方と契約をさせていただき、利用者様の健康状態、療養状況などを基に、利用者・ご家族様からのご要望を踏まえてサービスの内容を決めていきます。
3.訪問看護開始
主治医の訪問看護指示書交付後、訪問看護サービスの提供を開始いたします。
利用者様の状態を定期的に把握し、主治医・他職種と連携しながら在宅療養をサポートさせていただきます。

サービス内容

健康状態の観察
病気や障がいの状態の観察
異常の早期発見
リハビリテーション
拘縮予防
筋力低下予防、保持、増進
身体機能の回復訓練、日常動作の訓練
日常生活の看護
食事、排泄、清潔、睡眠などの援助・指導
療養環境の整備
ターミナル(終末期)ケア
医師の指示による補助業務(症状緩和など)
自宅での看取りへの支援
医療機器管理
在宅酸素、人工呼吸器などの管理
ご家族などへの介護支援
在宅介護に関する相談・アドバイス・援助
医療処置
床ずれや創傷の処置
点滴、注射、吸引、浣腸など各種処置
ストーマ、胃瘻、膀胱留置カテーテル、気管カニューレの管理
内服管理
その他
ご相談に応じます