栄養教室を開催しました。【サイトガイド|サワダブログ】医療法人 社団 慈朋会 澤田病院

サイトガイド

栄養教室を開催しました。

2018.05.31

こんにちは
管理栄養士の野田です。

骨粗鬆症とは、骨の量(骨量)が減って骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。日本には約1000万人以上の患者さんがいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増加傾向にあります。

骨粗鬆症の予防として食事・運動・日光浴が大切なポイントとなります。

食事面では、骨=カルシウムという印象をお持ちの方も多いと思いますが、ビタミンD・ビタミンKなどの栄養を同時に摂ることで、腸管でのカルシウムの吸収が良くなります。

今回は何を合わせて食べたらよいかも多数展示させて頂きました。

日頃の食生活を見直していつまでも『骨元気』でいられるようにしたいですね。

外来無料栄養相談コーナーでは引き続き展示と資料をご用意しています。興味のある方は是非お越し下さい。

お待ちしております。