サイトガイド

新型コロナウイルス感染症に関する至急のお知らせ(第2報)

2020.04.11

令和2年4月11日 
経過のご報告

 職員のコロナウイルス感染のための外来休診では、患者様の皆様に多大なるご迷惑、ご心配をお掛けしており、誠に申し訳ございません。
 ウイルス検査が陽性になった職員の経過をもう少し詳細にご説明いたします。同居のご家族のPCR検査陽性が、4月7日に判明し、その結果を踏まえ4月8日に職員のPCRの検査が行われ、4月8日夕方に陽性が判明いたしました。同居のご家族は全員無症状だったそうです。細かい情報は、個人情報とのことで、保健所より頂いた情報はこれが全てです。
 本日、4月11日正午現在、入院している患者様、外来透析の患者様で、発熱患者の増加傾向は認められておりません。また、濃厚接触者として、自宅待機中の6名の職員全員に、咳、発熱等の症状を認めておりません。
 今回陽性となった職員は、4月4日に体調を崩し5日より出勤しておらず本日(4月11日)で7日間が経過しております。今回のコロナウイルス感染の潜伏期間の中央値は5.1日という最近の報告もある一方で、WHO(世界保健機関)のQ&Aによれば、潜伏期間は1日〜12.5日(多くは5〜6日)ともされております。
 
 今後も入院患者さん、外来透析患者さんの状態をより注意深く診察し、経過を観察させていただきます。また、4月9日より、従来3ケ所あった出入口を1ケ所に限定しました。以前より行っていました病院への来院者の検温と原則面会禁止をより徹底して行っており皆様にはご迷惑をお掛けいたしておりますが、何卒ご了承ください。                       
                                
病院長